イッテンの色相分割法「スプリットコンプリメンタリー」配色

ヨハネス・イッテンの色相分割法の一つである「スプリットコンプリメンタリー」の組み合わせをご紹介します。

コンプリメンタリーとは「補色」と言う意味であり、日本語では分割補色とも言われます。補色関係にある片側を両隣の色相を均等に分割して2色と組み合わせた合計3色による配色です。

ダイアード(補色)配色よりもコントラストが柔らかい印象となります。また、2色の類似色の中で補色をアクセントとして加えることで補色をより強調させることができます。

関連記事

LATEST POSTS

一覧ページへ