画力向上に必要なスキル3つ+1

継続力 文字のごとく、継続して繰り返しできる能力。一見地味なものだけど、一番重要な部分。才能があったとしても、これがない場合は高みに登ることはできないのではないでしょうか。 技術力 ソフトなどの使い方や、美しく見えるコツ […]

3つの力

継続力
文字のごとく、継続して繰り返しできる能力。一見地味なものだけど、一番重要な部分。才能があったとしても、これがない場合は高みに登ることはできないのではないでしょうか。

技術力
ソフトなどの使い方や、美しく見えるコツなどの描き方。最近ではネットの講座系は素晴らしいものが多く。とても参考になる。が、技術力だけを追ってしまうと平べったいものになってしまう可能性もある。

知識
配色やレイアウトの知識や、各対象の構造などといった知識。知識がなくても描けるが、知識があったほうがより一層説得力のあるものが描けるようになる。

3つ合わさってようやく上達する

画力を向上するためには「継続力」「技術力」「知識」が必要なんじゃないかなと常々思います。どれか一つが欠けてしまうとうまく上達しないんじゃないかな。

理由は「技術力」や「知識」があったとしても、継続してやり続けなければうまくならないし、やみくもにやり続けたとしても上達するわけでもないからです。

観察眼

最終的にこの3つが合わさることで、「観察眼」が身につく。観察眼が身について、ようやく自分の絵と他のモノとの違いに気がつくことができる。そして結果的に画力が上がる。というプロセスになるんじゃないかなと自分の経験から思ったわけです。

だいたい先に自分の目が先にレベルアップするように思います。なんだかゆがんでみえるけど、なにが悪いのかが分からない…。そんな経験はないかな?そこから試行錯誤して、ようやく正解を導き出す時に自分の絵がぐっと良くなる。それの繰り返しだと思います。