【CLIP STUDIO PAINT】超便利!レイヤーマスク機能!


レイヤーマスクとは?

絵を描いているときに一部分だけ隠したい時ってありますよね?そんなときはどうしていますか?消しゴムで消したりしていますか?でもまたその消した部分が必要になって後悔したことってありませんか?そんな時はレイヤーマスク機能を使いましょう!この機能を使うことで、複数のレイヤーの一部分だけを隠したり、さらにこれをまた表示させたりすることができちゃいます!

レイヤーマスクはこんな時に使える!

こんな時結構ありますよね。キャラクターとモノを分けて描いて一緒にしたい時

キャラクターとモノを組み合わせる

でも今回は、手と体の間にグラスを置きたいけど、レイヤーの前後の移動だけでは解決できないですね。

レイヤーの前後移動だけではうまくいかない
こういう時こそ、レイヤーマスク機能の出番です!

レイヤーマスクの使い方

レイヤーマスクの使い方はとても簡単!はじめにレイヤードックの下に四角に丸が描かれているマークを押します。そうすると、選択されているレイヤーもしくはフォルダに真っ白なサムネイルが出てきます。これがレイヤーマスクです!

レイヤードック下部のマークを押すことで真っ白なサムネイルが出現する

この真っ白なサムネイルが選択している状態になっていることを確認して、隠したい場所を消しゴムで消してあげます。「なんだ、結局消しゴムを使っているじゃないか」と思われてしまうかもしれませんが、これはレイヤーマスクのみを編集しているので、元になっているレイヤーを消しているわけではありません。その証拠にマスクを削除すると、元のレイヤーに描かれていたものが表示されるようになります。

今回は手の部分を隠したいので、手を「消しゴムツール」でマスクを消してレイヤーを隠していきます。削りすぎたなと思ったら透明色以外の色を塗ることでまた表示されます。

レイヤーマスクの編集

作業が終わったものです。
手だけにマスクをかける

うまく手の部分だけ消すことができました!消しゴムツールと消すのとは違い、何度も隠したり表示させたり微調整することができるところがよいですね!

おまけ

レイヤーマスクのサムネイルの左側にチェックが付いていると思います。これはマスクされているレイヤーを移動する時に重要なものになってきます。

チェックが入っている場合

チェックが入っている場合、レイヤーの移動と一緒にマスクも同じように移動していきます。

レイヤーマスクにチェックが入っているとき

チェックが入っていない場合

チェックが入っていない場合は、レイヤーの移動をしてもマスクは同じ場所にあり、一緒に移動していきません。たとえば、グラスの持つ場所を変えたい場合、チェックをはずしてグラスだけ移動させることができます。

レイヤーマスクにチェックが入っていないとき

さいごに

どうでしたか?いままで一部を消したい時、レイヤーをコピー、結合して一枚にしてから消しゴムで消していませんでしたか?そこからまた気になるところが出てきてまた結合前のものを編集してまた結合して・・・と繰り返すのは大変ですよね。できるだけすぐに編集できる状態にしていきたいですよね。知ってしまえば簡単な機能なのでぜひ使ってみてください!