失敗するために描き続ける


トーマス・エジソンの名言

「失敗ではない。うまくいかない方法を発見しただけだ。」

成功するために手っ取り早い方法は失敗する方法を見つけていくことです。

一見うまく描けた(成功した)時に上達したと実感しますが、実際成長しているのはうまく描けなかった(失敗した)時です。うまくいった時は、今までの失敗したものを自分で排除していった結果だけのことなのです。

不正解のラインをたくさん描くことで、正解のラインを発見していく。この繰り返しでうまく描けるようになっていくのです。

なので失敗することは良いことであって、うまく描けないと落ち込むのはもったいなことです。今までの失敗を量産することで、ある日突然正解のラインを発見するかもしれません。それはいつになるか分かりませんが、ひとつだけ言えることは描き続けていなければ発見することはまずないということです。

さらに失敗を恐れずに試行錯誤を繰り返すことで、さらなる飛躍が期待できると思います。

うまく見えない時は必ず理由があります。大事なのは、これらの理由を発見していくことです。自分だけではすぐに発見することはなかなか難しいですが、一度理由を発見しさえしてしまえば次のステージに進むことができるのです。

重要なのは「成功した数」ではなく、「失敗した数」です!