習得するまで何度も繰り返す


練習する時、お手本の絵を参考にしながら描くことが多いと思います。その時はどんなことを考えながら描いていますか?

一度見ながら描いて頭の中に入れたとしても、二度目に何も見ずに描こうとしてもうまくいくことは、ほとんどないと思います。それは頭で知っていることと習得していることは違うからです。

車の運転の例えでいうと、一生懸命運転の知識を頭に入れたとしてもすぐに運転することはできません。それは頭ではわかっていたとしても習得はしていないからです。習得するためには何度も同じ練習を繰り返す必要があるのです。

そして何度も何度も繰り返して頭で考える必要がないくらいの無意識レベルまで落とし込めて初めて習得したと言えます。分かったつもりが一番怖いです。だって「知っている」と思った瞬間学ぼうとする姿勢がなくなってしまいますからね。

常に考えながら描くこと!なぜここに線があるのか、なぜここにこの色があるのか、それを考えて答えを見つけていく。そんな気づきこそが次のステップに行く近道ですよ!