努力する者より楽しむ者の方が怖い


なんで絵を描いているんだろう?

大半の理由は描くのが楽しいからだと思うんです。

でもいつの間にか絵を描く理由が「楽しいから」という理由から、絵が「うまくなるため」という理由に切り替わってしまう時があります。

そうなってしまうと、何のために描いているのかが分らなくなってしまって、途端につまらないものに感じてしまいます。せっかく楽しく始めたのに途中で描かなくなってしまうのは残念ですね。

「はじめは基礎から・・・」と考えずにはじめは描きたいものから描いていくのがいいと思います。もちろん基礎はとても大事なものですが、決して楽しいものではありませんね。

基礎をきっちりとがんばったところで、途中で止まってしまっては全く意味がありません。

なのではじめは描きたいものを描いていったほうが楽しいはずです。そして気になりだしたところを少しずつ学んでいけばいいと思います。

「これはやっておくべき・・・」といった後ろ向きな考え方ではじめてしまうと、ほとんど続かずに終わってしまいます。それよりも「これを習得したい」と思うものからはじめたほうが良いと思います。ちなみに自分は「絵がうまくなるプロセスが楽しいから」描き続けています。もちろん描く行為も楽しいのですが、上達した実感こそが一番のご褒美で楽しいのです。だから私は描き続けているのです。