Photoshop CCの「画像アセット生成」機能がすごい!


Photoshopの画像アセット生成機能は使ったことがあるでしょうか。

これはレイヤーやレイヤーグループから画像を自動で生成してくれる機能なんですが、これがかなり使えるのでPhotoshop CCがあったら、みんなも試してみて!

やり方は簡単!2ステップ!

1.機能を有効にする!

まずは「ファイル」>「生成」>「画像アセット」を選択して、機能を有効の状態にします。

Photoshop CCの機能:画像アセット生成の機能を有効にする

2.書き出したいレイヤー、レイヤーグループの名前を変更する!

次にレイヤー名を英数字+拡張子の名前にすると自動で画像を生成してくれます!(PSDと同じフォルダ内にassetsフォルダが自動生成されます)

Photoshop CCの機能:画像アセット生成

試しに、キャラクターとボタンを置いて、それぞれを書き出したいと思います。ボタンはドロップシャドウ効果を付けています。次にレイヤーを「sample_button.png」と「character.png」に変えると…

Photoshop CCの機能:画像アセット生成

assetsフォルダに生成されてた!ボタンにはドロップシャドウ効果もちゃんと付いています。素敵。

リアルタイムで生成!

これのすごいところは、リアルタイムで自動生成してくれるという点です!たとえば、書き出した画像に変更があった場合、すぐに自動更新されます!すごい!

透過で書き出してくれる!

拡張子をPNGにして、レイヤーグループなどに背景が指定されていない場合は透過の背景透過の状態で書き出してくれます!今までスライスで書き出す時に透過したい場合、後ろの背景をどかしてからスライスをして画像を書きだしていましたが、これの作業が必要なくなりました。アセット生成ですべて完結するわけではありませんが、スライスとうまく使い分けるととても効率的に画像を書き出すことができるわけです!

拡張子の他にさらに細かく設定できる!

jpegの80%圧縮で書き出しなど、細かく設定することができます。詳細は公式サイト:
http://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/generate-assets-layers.htmlで紹介されています。