自分の過去絵に対して修正を入れた結果…


先日2009年に描いたデータを見ているとずいぶん変わったなぁと思ったわけです。

描いた当時はこれが良かった!と思っていたと思うのですが、今見てみるとみるのも恥ずかしい!なので今回は赤ペンならぬ、青ペンを加えて修正して葬り去りたいと思います!

2009年に描いた女の子

まずはこのキャラクターです。赤い髪のキャラクターが好きでなにかと赤に塗ってました。着せているものも当時からあまり変わってないなと今見ると思う(笑)

2009年に描いた絵に修正1修正1

今見ると謎のポーズで何をやっているのか分からないのが気にくわない。そして、まつ毛塗ってない…ここは塗らんといけないとこでしょー!ということで、濃く塗ってあげました。ここから下は絵の中の数字と対応してます。

(1)頭の大きさなんですが、顎から目の長さと、目から頭のてっぺんまでの長さ、はおよそ同じくらいが丁度いいと思う。
(2)元絵がまつ毛のところが細かったので、ここの線を太くしてまつ毛を足してあげました。あと一重の目に見えたので、目の上に線を足して二重にしてあげたよ。
(3)鼻の位置が左過ぎてました。鼻の位置でかなり印象が変わってしまうので大事なところ。

2009年に描いた絵に修正2

無駄な線を消してみました。だいぶ変わりました。

2009年に描いた絵に修正3

次に髪を描いていきます。
(1)髪の分かれ目を意識して髪の流れをつかみます。女性は(きっと)真ん中か、ちょい右か、左に分かれ目をつくります。そこを中心として髪を描いてく感じ。
(2)ちょっと左の前髪が長いように見えました。シルエット的にも左右が同じように描いてあげると安定しますので、今回は左側の髪をバッサリ切っちゃいました。

2009年に描いた絵に修正3

すこし髪が短くなりました。左に合わせたら、後ろ髪は逆に長くなったと思います。今回影を描きました後ろ髪の部分も大事なのでちゃんと描いてあげると良いと思います。あと外側にパーマをかけてあげました。ちょっと遊びを付けてあげると、ふんわり感がでるんじゃないかなとか適当なことを言ってみる。

2009年に描いた絵に修正4

体を描きました。体を描くのも慣れるまで結構大変ですよね。立体感をつかむためにまずは補助線を描いていきましょう。ここではまだ腕は描かないよ。
(1)このポーズ的にはもう少し方が上がるんじゃないかなと思ったので上に修正。斜線部分に肩が繋がる予定。
(2)腰を前に出しました。絵左上のAよりもBのほうが動きがあって魅力的に見えるからね。

2009年に描いた絵に修正5

補助線を描くことは大事だよ!アタリも描くのも大事!自分は一時期、アタリ描かなくても描けんじゃん!とか思った時期もありましたけど、色んなポーズを描くためにはアタリを描くことは超重要でした!(経験談)

2009年に描いた絵に修正5

腕をはやしたよ、脇のあたりとか難しかったりするんだけど、胸とのつながりが分かるだけでも良い感じに描けるかも。体の厚みをどう描くかがキモ。今回、カンカクで描いてしまったので、何とも言いにくい。すまん。

2009年に描いた絵に修正5

(1)肩から腕にかけては3つのパーツに分けていつも描いてます。Aのパーツからの切り替わりが丁度へっこむのでそこを描いてあげるとそれなりにみえるんじゃないかな。手と脚は曲線が大事ですからね。

2009年に描いた絵に修正5

余計な線を消すとこんな感じです。

2009年に描いた絵に修正5

(1)体と衣服の段差はかなり重要です。当然衣服が出っ張ります。線画の時からこれを意識して描いておかないと、塗りで挽回できません。ちなみに衣服のシワも線画の時点である程度描いておかないと、塗りでうまく表現できないんでちゃんと線画のうちから描いてあげましょう!
(2)お腹の形はこんな曲線でイメージしてます。こちらは先ほどと逆で線では描かないですが、色を塗る時に意識するようにしてます。

2009年に描いた絵に修正5

衣服の継ぎ目や縫い目などを描いてあげると表現力がアップしますよ。

2009年に描いた絵に修正5

はい、頭になぞの装飾を加えてできあがり!もう別キャラです…そして最後にもう一度修正前の絵を載せます。

2009年に描いた女の子