イラスト練習を習慣化させる方法


イラストがうまくなりたい!と思って一生懸命に描き続けていても個人差の伸びはあるものの、急激に伸びるわけではありません。インターネットを検索すれば「描き方」や「塗り方」などの講座を簡単に検索して見つけることができますが、やはり一番大きな力になってくるのは「基礎の力」になってくるのではないでしょうか。講座などを参考にすることである程度のスキルを補うことができると思いますがデッサン力などの「基礎力」が最終的な力の差になってのかと思います。

そしてこの「基礎力」を伸ばすキーというのが「継続」なんじゃないかなと思います。継続したからと言って必ずしも伸びるわけではありませんが、伸びるためには継続しなければならないのは確かだと思います。でも実際に長く継続して続けるということは大変難しいことだと思います。やはり人間ですから「やる気」がある時と「やる気」がない時というのは必ずあります。「やる気」があるときは難なく続けられると思います。問題なのは「やる気」が下がってしまった時です。この時の対処法がうまくいかないとやめてしまうのがほとんどです。

では「やる気」に左右されない方法と言うのはあるのでしょうか?

「やる気」に左右されにくい方法なら知っています。それは、その行動を「習慣化」させてしまうという方法です。今の場合ですと「イラストを描く」ということを習慣化してしまうのです。

人の一日の行動は習慣で動いています。自分では朝起きてから夜寝るまで意識的に動いているようでも、全行動の4割が習慣的に無意識に行動していることが多いです。なのでこの習慣的な生活のサイクルに組み込めたら良いと思いませんか?

といっても、なかなか新しいものを習慣にさせることは難しいです。というのは今まで習慣になっているものは無意識に今の習慣になっているから、どうなやったら習慣になるのかが分からないからです。ということで今回は意識的に習慣のサイクルに組み込む手順をご紹介いたします。

つづく…