イラスト上達法!毎日描き続ける10のヒント


うまく描けるようになる最低条件は描き続けること!

はじめは、どうやったら上手く描けるようになれるのか?と考えるよりも、どうやったら描き続けられるのか?を考えることが上達への近道です。
今回は、このはじめのステップである描き続ける習慣を習得することに焦点を絞った10のヒントです。

1.やらないことを決める

新しい習慣を取り入れるためには、今までの習慣を捨てなければなりません。一日のサイクルは今までの習慣で時間が流れて行きますので、意識的に行動をしていかないと古い習慣にすぐに戻ってしまいます。これを防ぐためにも古いものを捨てる必要があります。たとえば、いままでテレビを見ていた時間をイラストを描く時間に割こう!とか、そういうものです。

2.毎日描くことを目標にする

はじめの3カ月は毎日描くことを目標にするべきです。2日、3日おきにやろうとしても、なかなか習慣にすることができません。理由は行動を起こす前にまず「今日描く日だったかな?」と考えなければいけなくなるからです。習慣にするためには、考える前に体が先に動く必要があります。そのためにも毎日描くことをお勧めします。同じ時間に描くことでさらに体に馴染みやすくなるでしょう。

3.描けない日があっても3日以上あけない

ここが一番キモになってくる部分ではないでしょうか。うまく連続で描いている時はすんなり続けることができると思います。連続で描き続けた記録をストップさせたくないという意欲がでてくるからです。ただ、何かの理由で描けなかった日もいつかはでてきます。ここで連続記録が終わってしまうと一気にやる気が落ちてしまいます。連続記録が無くなると「今日はいいかな」とか「明日描こう」という考えに変わってしまうからです。ここではやく気持ちを切り替えられるかが重要になってきます。

4.長時間描き続けない

はじめのうちは楽しくてつい長時間やってしまいがちです。その時は良いかもしれませんが長期的に考えるとあまりお勧めしません。長時間することで脳には疲れた記憶が残ってしまいがちです。イラストを描くことが疲れることと脳にインプットされてしまうとヤル気がなかなかでてこなくなってしまうという事態になってしまいます。そうならないためにも、後もうちょっとやりたいのに!というところで作業をストップするのです。そしたら次まで、またやりたくてしょうがなくなるでしょ?

5.描きたいイラストを描く

まずは描きたいものを好きなだけ描きましょう。将来的には上手くなるために様々なものを描く必要がでてくるでしょう。ですが習慣化するためには、まず第一に楽しむこと!が一番大事だということです。反対にやってはいけないことは、これは練習するべきというものを描くことです。はじめからそういうものを描いてもすぐには成果として現れないので、すぐにつまらなくなるものです。続ける習慣をつくる目標とイラスト上達の目標を二つ同時にすることはなかなか難しいです。

6.描いたイラストに日付をつける

描いたイラストには必ず日付をつけていきましょう。その場では何の意味も持ちませんが後々この意味が分かると思います。私の場合はすべてデジタルで描いているので、ファイル名を日付にしています。(2012年12月9日に1枚描いた場合の例:[年/月/日/枚数]⇒[12120901])こうすることで、いつ描いたものなのかが一目瞭然で管理もしやすいです(なによりファイル名を考える必要がなくなる!)。日付を描く理由としては、過去の自分のイラストと比較しやすくなるからです。

7.描いた枚数の累計数を記録する

自分の努力を目に見える形で残していきましょう。自分がどれだけ上達したのか、どれだけ頑張ったのか、というもの単純にはかることができません。それを唯一証明できるのはこの累計数です。人に見せてどうだ!これだけ描いたんだぞ!ヘヘン!と言っても全く意味はない数ですが、自分に対しては絶大な威力を発揮する数ではないでしょうか。さらに累計数の目標を設定すると良いですね。

8.新旧比較ができる基準イラストをセットする

同じ絵を描くことで自分がどれだけ成長したかを容易に確認することができます。前の絵と比較して上手くなっている自分がいると、とてもうれしくなってにやけてしまいます。一番ヤル気に起こさせる時というのは自分が成長できたという実感を感じた時ではないでしょうか。

9.他人の評価を気にしない

他人の評価はあまり気にしないことです。たとえばpixivの評価です。得点が入って嬉しい!と思っても、点が入らなくて悩むべきではありません。評価点やコメントなどでモチベーションを維持しようとしてもなかなか難しいところがあります。自分のヤル気を他人に任せてしまうのは大変なことで賭けだったりします。それよりも、上記の累計数や自分の成長度合いなどで自分を奮い立たせたほうが安定します。

10.ブログを開設する

ブログに自身のイラストを上げることをお勧めします。ブログに載せることで、自分自身の記録になり、アーカイブになっていきます。ある程度続けていくと今までの自分の歴史も見ることができます。今までの自分を振り返ることがとても大事で、過去の自分よりどれだけ上達したかを客観的に評価することができます。アップロードすることにより、日付が自動的に付き、そしてカレンダー表示でどの程度投稿できているかを直感的に知ることができるところがブログの良いところです。