なぜ日中の空が青くて夕方になると赤くなるの?その理由を調べてみた


なぜ空は青いんだろう?子供の頃一度は疑問に思ったはず!
しかもなぜ夕陽の空は赤いのか?

その理由は色の波長大気の距離が関係していたみたいだ。
これを発見したレイリー卿にちなんでレイリー散乱と呼ぶらしい。

ソラ

日中青くて夕方が赤い理由

光というもの波の性質を持っていて、それぞれの波長の長さが違います。
青色の波長は赤にくらべて波長が約1.5倍短いのです!
ここにヒントが隠されています。

波長の違い

日中は、大気中の酸素や窒素のぶつかると様々な方向に光が「散乱」するのです。

そして光の波長が短いほど散乱しやすい性質を持っています

なので波長が短い青色が散乱して空が青色に見えるのです。

反対に波長が長い赤色は散乱されにくいので目に見えにくいのです。

対して陽が傾くと赤くなるのはなぜでしょうか?
それは太陽の光が大気を通る距離が関係しています

夕方になると太陽が傾き、太陽との距離が日中よりも長くなります

日中は青色が散乱していたのですが、距離が長くなるにつれ散乱しすぎて見えなくなってしまいます
最終的に散乱されにくい赤色のみが人の目に届くわけです

夕方のほうが日中よりも大気を通る距離が長くなる

ちなみに青よりも紫のほうが短い波長で日中も紫が存在しているはずなのですが、
青よりも紫は目に見えにくいので青色にみえてしまうのです。

イラストの色彩の時でも知識の一つとして知っておくだけでも違うのかもしれない…?